東日本大震災や台風、ゲリラ豪雨など、近年日本では自然災害による被害が増えています。
マンションや土地の購入にあたって、生活の利便性や購入金額に目が行きがちですが、折角購入したマンションや土地が災害にあって使えなくたっては元も子もありません。

 

そこで、「地震」「水害」に関して被害に遭う心配が無いか確認することをお勧めします。
まず、「地震」に関しては活断層を調べておくことをお勧めします。活断層に関して「産業技術総合研究所」がデータを公開していますし、各自治体でも情報を参照できますので、確認すると良いと思います。

 

次に、「水害」に関しては「洪水」「土砂災害」「津波」の危険が無いか確認することをお勧めします。「国土交通省ハザードマップポータルサイト」でこれらについて、確認すると良いと思います。

 

更に、例えば宇都宮市内の住宅用の土地を購入したのであれば地盤が軟弱だと、住宅建設前に地盤改良が必要になり、思わぬ出費となります。地盤については「全国地盤サーチGAIA」というサイトで公開されていますので参考にされると良いかと思います。

 

上記は、あくまでも過去の情報を元にしたものですので、完全に被害に遭わないとは言えませんが、こういった情報を調べずに購入し被害に遭って後悔するよりは、調べておいた方が安心だと思います。