物件に洪水の危険性があるかどうかを把握する

近年は日本中でゲリラ豪雨が猛威を奮っていて、1時間に100ミリを超える大雨だったなんてニュースはよく見ますね。どこか平野部でマンション・土地はないかなと見当する時、ゲリラ豪雨は仕方ないにしても、洪水状態になってしまうような土地は避けることも考えてみたいところです。

洪水は平野部ではありがちなことですが、特に0メートル地帯をはじめとした低地帯は心配が出て来る場所です。他にも大小を問わず河川のそばだったり、断崖のある土地、急峻な谷状の地形なことも、増水や土砂崩れ等の危険があります。マンションや土地に影響する懸念が出てきます。

こうした洪水などの可能性について知るには、不動産に聞くというよりは、インターネットで国や自治体で用意している洪水ハザードマップを見るほうが手っ取り早いことです。

購入してみたい予定のマンションや土地が、果たして洪水の危険地帯になっているでしょうか。速やかにハザードマップを確認してみてください。

PR|宇都宮で探す失敗しない土地選び|