横浜市神奈川区に、以前住んでました。その地域が、横浜市のみなとみらい再開発地域に指定され、住民は、横浜市から移転を、要請されていました。これを拒むことは出来ず移転先の土地を、探しました。同居していた主人の両親は、住み慣れた土地を、離れたくないと良く話していました。士からある程度の補償金はでましたが、強制的に市の計画のために移転させられることには、抵抗もありました。

 

自営で、製造業を営んでいましたので、土地さがしは、大変でした。商業地域か、近隣商業地域でなければ製造業の建物は、建築が許可になりません。店舗併用2世帯常宅なので、ある程度の土地面積も必要です、お得意のお客さまが市内に集中してますので、あまり遠くへの移転もできません。市内には、希望するような広い土地は、なかなかなく、横須賀や、相模原市といった遠くまで候補に挙がりました。

 

希望の土地が見つからず、焦りもありました。移転の期日は横浜市から、指定されていました。土地は、30か所以上現地の確認に、いきました。最終的に市内西区で売却に出た土地が、建蔽率が高く希望の間取りで建築出来そうなので、購入決定しました。土地を探しはじめてから、半年が過ぎていました。

 

じっくり焦らず探すことです。それには期間に余裕を持った計画を建てる事です。土地を実際に見学に行く時は、周辺の環境も、良く確認する事も必要です。後一番大事な事は、住宅ローンを組む場合が多いと思い間すが、返済可能な金額であるか、慎重に検討しましょう。

PR|宇都宮で半額で注文住宅建てました|