不動産投資というのは借金をしてまでやるべきであるのかというのが難しい問題になります。多くの場合、一括で物件を購入するというのは相当に難しいことになりますからイニシャルコストを下げたいということは分かるのですがそこが難しいポイントにもなります。そこでオススメできるのが競売物件に手を出すということです。これが一時期、不動産投資の大きなやり方として人気がありました。今でもあるのですがかなり素人でもやりやすい方法として認知がされてきてしまっているので、そこまでお買い得すぎるような不動産というのが流れてくるようなことが少なくなってきていますのでそこが今では極端に大きなメリットがあるやり方ではなくなってきていると思います。要するに競売に参加しても良い物件がなかなか手に入らない、ということも増えているわけです。しかし、十分に不動産投資をするときに検討する余地があることになりますから、ちょくちょく目を向けてみましょう。